200人が山頂で安全祈願 那須岳で開山祭【動画】

200人が山頂で安全祈願 那須岳で開山祭【動画】

 登山シーズンの幕開けを告げる「那須嶽神社開山祭」が8日、那須町湯本の那須岳山頂(茶臼岳、1915メートル)で行われた。登山の安全などを祈る恒例行事で、平日にもかかわらず約200人の登山客や山岳関係者が参加した。

 濃い霧が立ち込める中、宮司や登山客が小さなほこらを囲み、ほら貝の音色を合図に神事を行った。

 那須温泉神社の人見昇三(ひとみしょうぞう)宮司(83)は「今年の開山祭は風が穏やか。このような天候が続いてほしい」と話し、1月の草津白根山(群馬県)の噴火を引き合いに「山を甘く見ないことが大事。天候に注意し、服装の備えなど対策を怠らずに登山を楽しんで」と話した。

 大勢の登山客らが那須ロープウェイ山頂駅から約1時間かけて登頂した。毎年開山祭に参加しているという茨城県筑西市乙、主婦仁平(にへい)よし子(こ)さん(66)は「霧のため景色は見えにくいけれど、風もなく登りやすかった」と話していた。