JR那須塩原駅近くのブリヂストン黒磯工場跡地での民間業者による大規模太陽光発電施設(メガソーラー)建設計画を巡り、計画を進めている東京都内の業者が14日、那須塩原市役所を訪れ「事業を継続する」などとする回答書を同市の渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長に手渡した。渡辺市長は昨年12月下旬、この計画業者に対し、事業中止と跡地からの撤退を申し入れていた。

 回答書の受領後、渡辺市長は取材に対し「市へ事業中止の要望のあった自治会や商工会とも協議し、引き続き業者との交渉を継続したい」などと話した。