福田氏、立憲民主に入党届 県連副代表の渡辺典氏も離党

 衆院栃木2区選出の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員は7日、立憲民主党に入党した。幹事長代理や県連代表を務めていた民進党の本部には、6日付で離党届を提出したという。

 福田氏は7日午後、国会内の立民事務室を訪れ、枝野幸男(えだのゆきお)代表に入党届を提出した。福田氏によると、枝野代表から「大歓迎です。一緒にやりましょう」と声を掛けられ、来年の統一地方選や参院選への対応、県内組織の設立などについて意見を交わしたという。

 入党届提出後、福田氏は「憲法や安保法制、原発への考え方が一番近いのが立民。昨年の衆院選で追加推薦を受けたので、いずれは一緒にやるつもりだった。その時期が早まった」と話した。

 一方、民進県連副代表で、昨年の衆院選で栃木1区から立候補した渡辺典喜(わたなべのりよし)氏も6日付で民進に離党届を提出。新党「国民民主党」の結党の過程で、民進執行部からの周知が不十分だったことなどを理由に挙げた。