栃木GB、意地見せてドロー 終盤追い付き、新潟に7−7

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は5日、栃木市営球場で新潟と対戦、7−7で引き分けた。通算成績は5勝3分け7敗。

 初回に3点を先制された栃木GBはその裏、四球や3番山崎貴之(やまざきたかゆき)の左前打などで好機をつくると、5番八木健史(やぎたけし)が満塁本塁打を放ち逆転に成功。しかし、先発の金正沢(キムジョンテク)が3回5失点、後を継いだ韓善泰(ハンソンテ)も五回に連打を浴びて2失点した。

 追いすがる打線は七回、山崎の中前適時打などで2点を返すと、八回は7番橋爪脩祐(はしづめしゅうた)の犠飛で同点。終盤は前田大佳(まえだまさよし)、橋詰循(はしづめじゅん)ら投手陣が何とか踏ん張り、引き分けに持ち込んだ。