足利学校にことしもカルガモひな 親子で堀泳ぐ

 【足利】昌平町の史跡足利学校でカルガモのひなが誕生し、5日に同学校の堀を泳ぐ姿がことし初めて確認された。同日訪れた観光客は、親子で泳ぐ愛らしい姿を写真に収めていた。

 同学校事務所によると、ひなは毎年5~6月ごろに姿を見せる。今年は例年より少し早く、14羽が確認された。過去5年間では最も数が多いという。

 同事務所ではカルガモが車にひかれる事故を防ごうと、学校周辺に「カルガモのとびだし注意」と書かれた看板を設置した。