宇都宮地方気象台は3日午後5時21分、「雷と突風及び降ひょうに関する栃木県気象情報」を発表した。3日夜のはじめごろにかけて、注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、関東甲信地方は気圧の谷の影響で大気の状態が非常に不安定になる見込みで、県内では、雷を伴い激しい雨の降る所があるという。

 4日も本州付近の上空約5500メートルに氷点下24度以下の寒気が入るため、再び大気の状態が不安定になるとみられる。