足利市社協に「あしのすけ」誕生 マスコットとして今後活躍

 【足利】市社会福祉協議会のマスコットキャラクター「あしのすけ」が1日、誕生した。今後、市社協のホームページ(HP)や広報紙などに登場する。

 市社協を身近に感じてもらうため、デザイン案を昨年10~12月に全国からHPなどで公募。23点の応募の中から、北海道江別市の八谷早希子(はちやさきこ)さん(42)の作品が選ばれた。

 あしのすけはアシカがモデルで、社協マークが付いた帽子が特徴。丸みあるおなかには優しい気持ちを表すハートが描かれている。