ゴルフが認知症予防に効果 高齢者の競技人口増へ期待

 ゴルフが認知症予防に効果−。国立長寿医療研究センター(愛知県)などが公表した研究結果に、県内でも期待の声が上がっている。適度な運動やスコアを数える脳トレ要素、他のプレーヤーとの交流などが認知機能低下の予防に効果的とされ、ゴルフ場関係者は「未経験者がゴルフを始めるきっかけになる」と歓迎する。研究を共同で行ったゴルフ関連団体は高齢者向けゴルフ教室の運営マニュアルを作成中で、県内ゴルフ場も活用するなどして高齢者のゴルフ人口増につなげたい考えだ。

 研究は同センターとゴルフ関連団体「ウィズ・エイジングゴルフ協議会」(東京都)、東京大、杏林大の共同で実施。2016年10月から半年にわたり、ゴルフ教室への参加前後の記憶検査結果などを検証した。習慣的にゴルフをしない65歳以上の男女計106人が参加した。

 ゴルフ教室に参加した男女53人の記憶検査結果をみると、単語記憶能力が6・8%、物語を聞いて設問に答える論理的記憶能力が11・2%向上したという。ゴルフ教室に参加せず健康講座を受けた男女53人には変化がなかった。

 同センター予防老年学研究部の島田裕之(しまだひろゆき)部長は「適度な運動やスコアを数えることなどが、認知力低下の予防につながっている」と分析。「ゴルフは魅力的な予防ツールになる」と話した。

 3月下旬に公表した研究結果を踏まえ、同協議会は高齢者向けゴルフ教室の運営マニュアルの作成を進めている。安全面の確保や道具の説明なども盛り込んだマニュアルで、5月上旬にも全国のゴルフ場や自治体などに配布する。