世界遺産、光の中に 日光二社一寺がDCでライトアップ

世界遺産、光の中に 日光二社一寺がDCでライトアップ

 日光市山内の世界遺産二社一寺で29日、「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」の特別企画である夜間参拝が始まった。参拝客は光に包まれた各社寺境内の幻想的な雰囲気に感じ入った。5月5日まで。

 昨年のプレDCに続く企画。日光東照宮は五重塔前の表門から国宝「陽明門」までの間、日光山輪王寺は56年ぶりの大修理が完了したばかりの国重要文化財「二天門」を含む大猷院(たいゆういん)などをそれぞれライトアップ。日光二荒山神社は、拝殿で八乙女(みこ)の神楽舞を特別に披露するなどした。

 東照宮には日中に続いて多くの参拝客が詰め掛け、夕闇に浮かび上がる豪華絢爛(けんらん)な陽明門や神厩舎(きゅうしゃ)にある彫刻「三猿」に目を奪われた。