野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は22日、埼玉県上尾市民球場で武蔵と対戦、6−5で逆転勝ちした。今季初の2連勝で通算成績は4勝1分4敗。東地区の順位は3位に浮上した。

 2点を追う栃木GBは七回一死から、代打ルーカスの中前打や敵失で好機をつくると金子将太(かねこしょうた)、谷津鷹明(やつたかあき)の連続長打で一挙3点を奪い逆転に成功した。

 中継ぎ陣が打ち込まれ、再び1点ビハインドとなった九回も松井永吉(まついえいきち)、飯原誉士(いいはらやすし)の連続適時打で再逆転。九回は守護神橋詰循(はしづめじゅん)が2三振を奪い、きっちりと試合を締めた。

 次戦は28日午後1時から、佐野市運動公園野球場で石川と対戦する。