栃木GB逃げ切り 武蔵に5−4

栃木GB逃げ切り 武蔵に5−4

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は21日、小山運動公園野球場で武蔵と対戦、5−4で勝利した。通算成績は3勝1分け4敗。

 栃木GBは1点を追う初回、1番谷津鷹明(やつたかあき)の中前打を足場に、3番飯原誉士(いいはらやすし)、4番八木健史(やぎたけし)の連続適時打で逆転に成功。四回に9番高野勇太(たかのゆうた)が左前適時打、五回に八木が第4号のソロ本塁打を左翼席にたたき込むなど着実に加点した。

 先発小林佑輔(こばやしゆうすけ)も6回1失点と好投。序盤は毎回走者を背負ったが、変化球を低めに集めて要所を締めた。最終回は4番手橋詰循(はしづめじゅん)が四球から崩れ、1点差に迫られたが、辛くも逃げ切った。村田修一(むらたしゅういち)は4試合連続で欠場した。

 次戦は22日午後1時から、埼玉県の上尾市民球場で武蔵と対戦する。