野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は20日、埼玉県上尾市民球場で武蔵と対戦し、2−3で逆転負けした。通算成績は2勝1分け4敗で単独最下位に転落した。

 栃木GBは初回、谷津鷹明が左前安打で出塁し、1死三塁から飯原誉士の内野ゴロの間に生還。二回は2死一、三塁で松井栄吉が右前適時打を放ち、1点追加した。

 先発のウーゴは6回まで武蔵打線を散発3安打と好投したが、七回に先頭打者への四球からリズムを崩し、連続適時打を浴びて3失点。打線も三回以降は得点を奪えなかった。村田修一(むらたしゅういち)は出場しなかった。

 栃木GBは21日午後6時から小山運動公園野球場で武蔵と対戦する。