日本コロムビア(東京都)が日光市今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」の指定管理者を務める共同事業体(JV)に加わり、18日までに運営を始めた。レコード会社が道の駅の指定管理者になるのは初めてという。レコード会社の強みを生かし、音楽を活用した特徴ある道の駅づくりや地域活性化、住民の拠点化を目指す。

 故船村徹(ふなむらとおる)さんが同社の専属作曲家だったことや、創業者F・W・ホーンが日光市山内に別荘(現在のレストラン「明治の館」)を建てたことなど、日光にゆかりがあったため、指定管理者を受託したという。

 日本コロムビアは同市の第三セクターのオアシス今市、五光宇都宮店の2社とJVを組む。