岡署長(右)から感謝状を受け取る浅野さん=7日午後、宇都宮中央署

感謝状を受け取った浅野さん(右)と岡署長=7日午後、宇都宮中央署

岡署長(右)から感謝状を受け取る浅野さん=7日午後、宇都宮中央署 感謝状を受け取った浅野さん(右)と岡署長=7日午後、宇都宮中央署

 【宇都宮】迷子の男児(3)を保護したとして、宇都宮中央署は7日、泉が丘中3年で自転車ロードレース・宇都宮ブリッツェンの下部組織「ブラウ・ブリッツェン」所属の浅野涼太(あさのりょうた)さん(15)に感謝状を贈った。

 浅野さんは昨年12月26日午後、チームの練習後に自転車で帰宅中、駒生町の県道でセンターライン付近を歩く男児を発見、男児に駆け寄って歩道に誘導した。

 名前を尋ねても答えられなかったことから、携帯電話で110番。「大丈夫だよ」と声を掛けるなどして、警察官が到着するまで付き添った。

 同署によると、男児は祖母宅に遊びに来ていた。祖母が目を離した隙にいなくなってしまったという。

 岡広志(おかひろし)署長から感謝状を受け取った浅野さんは「男の子を親のところに帰したいという思いだった。無事に帰れて安心しました」とほほ笑んだ。