宇都宮青年会議所(JC)や宇都宮商工会議所、宇都宮観光コンベンション協会などで組織する「ふるさと宮まつり開催委員会」が、例年8月第1土、日曜の「ふるさと宮まつり」の日程変更を検討していることが8日までに分かった。東京五輪・パラリンピックの開催を考慮しており、9月19、20の両日の開催が濃厚とみられる。

 宮まつりは今年で45回目の節目を迎えるが、これまで日程変更した事例がない。しかし東京五輪などと重なり警備の人材を十分に動員できないなどの理由から、昨秋以降、開催委が県警、消防などに意見を聞き、安全・安心な運営に配慮して調整している。