栃木GB、3試合ぶりの白星 初先発の比嘉2失点完投

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は17日、小山運動公園野球場で武蔵と対戦、7−2で3試合ぶりの白星を飾った。今季初先発の比嘉大智(ひがだいち)が好投し、被安打7、2失点で完投した。栃木GBの通算成績は2勝1分け3敗。

 栃木GBは先発の比嘉は与四死球1と安定。相手主砲に本塁打を浴びるなどして三、四回に1点ずつを失ったが、カーブを有効に使って計8奪三振。無失策の守備にも助けられ、今季チーム初の完投勝利を挙げた。

 打線は初回、制球の定まらない相手先発を攻め立てて暴投で先制。さらに7番高野勇太(たかのゆうた)の右前2点適時打で3点リードを奪った。1点差に迫られた四回は、右前打で出塁した1番谷津鷹明(やつたかあき)が盗塁などで三塁を陥れ、2番野崎新矢(のざきしんや)がスクイズを決めて追加点。五~七回にも小刻みに加点し、リードを広げた。村田修一(むらたしゅういち)は2試合連続で出場しなかった。

 次戦は18日午後1時から、新潟県長岡市の悠久山野球場で新潟と対戦する。