【小山】市は17日までに、市立体育館の建設地を新小山市民病院近くの塚崎の市有地とすることを決めた。基本設計ではバスケットボールコート2面のメインアリーナと同1面のサブアリーナなどで構成し、延べ床面積は約6500平方メートル。民間資金活用による社会資本整備(PFI)で整備する方針で、2018年度中に事業者を選定する計画だ。

 建設予定地は新市民病院に隣接し、市健康医療介護総合支援センターなどがある「緑の健康づくりの森」区域内。

 敷地面積は約2・7ヘクタールで、建築面積は約5500平方メートル。鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造り2階建て。