昨年11月に開催し、家族連れの人気を集めた芋掘り体験(道の駅サシバの里いちかい提供)

 【市貝】道の駅サシバの里いちかいは新年度、農業体験などの参加・体験型のプログラムを充実させ、誘客につなげる方針だ。町の農業関連の団体と協力して田植えや野菜の栽培・収穫を親子で楽しめるようにするほか、参加型の「かかしまつり」を秋に初開催する方向で調整する。

 昨年4月に町主導の第三セクター化した同道の駅を、周辺の道の駅と差別化する策の一つとして、子育て世代を主な対象にした自然体験型のプログラムを充実させることにした。

 町内の営農組合や直売所の出荷組合などの協力を得て、春の田植えや季節の野菜の種まきや収穫を、同駅周辺のほ場で楽しめるようにする。イベントは月に1回程度の頻度で設定する方針で、2月までに年間スケジュールを固める。

 9月か10月に予定する「かかしまつり」は、茨城県常陸太田市で定期開催されている大規模な「里美かかし祭」を参考に、子どもから大人まで広く出品者を募りコンテスト形式で実施する。