うりふたつ? 「みやゴロくん」と「どっとこちゃん」が初対面 DC盛り上げ約束し、血縁関係調査へ【動画】

うりふたつ? 「みやゴロくん」と「どっとこちゃん」が初対面 DC盛り上げ約束し、血縁関係調査へ【動画】

 今月始まったJRグループの大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」をPRするため、JR宇都宮駅のゆるキャラ「みやゴロくん」が16日、宇都宮市の下野新聞社本社を訪れ、下野新聞社のキャラクター「どっとこちゃん」と初対面した。容姿が似ていたことから、2人は一瞬、戸惑った様子を見せたが、すぐに打ち解けた。「親戚かもしれない」と、互いに血縁関係を調べ、再会することを約束した。

 みやゴロくんはDCに合わせ、3月8日に誕生。どっとこちゃんは2006年4月23日、下野新聞の紙面に初登場した。いずれも栃木県名物の「雷」をイメージしている。

 この日、みやゴロくんと共に訪れた同駅の小宮正夫(こみやまさお)駅長は社長室で出迎えたどっとこちゃんを一見し「髪の毛なんか、そのまんま。たぶん、親戚関係にあるのだろう」と驚きを隠せない様子。

 記念撮影を終えると、2人は顔を寄せたり、握手をしたりするなど気が合うようで、下野新聞社の岸本卓也(きしもとたくや)社長が「初恋の相手なのかも」と推測するほどだった。

 小宮駅長は「栃木、宇都宮の応援団の一員として、いい方向にリードしてほしい」と2人にエールを送り、岸本社長も「どっとこちゃんと、みやゴロくん一緒に栃木を盛り上げてもらえれば」と活躍を期待した。

 DCは6月まで県内各地で多彩な関連イベントが行われる。5月13日には映画「キスできる餃子(ぎょーざ)」とのコラボ企画として、主演の足立梨花(あだちりか)さんが車内放送を務める臨時列車が上野−宇都宮間を運行。宇都宮駅到着後、足立さんが1日駅長に就任するイベントがある。