栃木GB、今季初連敗 福島に4−6

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は15日、福島県の郡山市営開成山野球場で福島と対戦、八木健史(やぎたけし)が2打席連続本塁打を放ったが、4−6で競り負けた。今季初の連敗で、通算成績は1勝1分け3敗。

 栃木GBは1点を追う二回、無死一塁で5番八木が左越え2点本塁打を放って逆転に成功。しかし、先発金本享祐(かねもときょうすけ)が三回に四死球から崩れ、相手4番に左越え3点本塁打を浴びて再逆転された。

 四回に八木の2打席連続本塁打、八回に橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)の適時内野安打で1点差に詰め寄ったが追い付けなかった。村田修一(むらたしゅういち)は今季初めて欠場した。

 次戦は17日午後1時から、小山市運動公園野球場で武蔵と対戦する。