【宇都宮】市やスポーツ関係団体などでつくる「東京2020オリンピック聖火リレー市実行委員会」は、市内で3月30日に実施される聖火リレー時のボランティアスタッフを募集している。

 募集人数は約700人。市内のルートは、宇都宮城址(じょうし)公園をスタートし、大通りを周回した後に県庁に至る約3・7キロで、ボランティアは走路の確保や観客整理、準備、片付けなどを担う。当日の午後4時に集合し、8時半ごろまでの活動を予定している。

 対象は満18歳以上の市内在住者か市内への通勤、通学者。市のホームページの申し込みフォームで応募できるほか、市役所12階の市教委スポーツ振興課の窓口でも直接申し込める。申し込みは今月31日までだが、定員になり次第締め切る。参加者には2月下旬以降に事前説明会がある。

 市の担当者は「聖火の到着を祝い、聖火リレーを盛り上げられるよう、ご協力お願いしたい」と呼び掛けている。(問)同実行委028・632・5275。