船村さんが愛用していたピアノ

 【日光】今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」内の船村徹(ふなむらとおる)記念館の常設展示に、船村さんが生前、市郊外の仕事場「楽想(がくそう)館」で愛用していた白いピアノと椅子が新たに加わった。

 ピアノはヤマハ製で、歌手の故美空(みそら)ひばりさんの名曲「みだれ髪」などがこのピアノから生まれたという。椅子は岩手県産の栓の木作りで、船村さんがいつも腰掛けていたという。幅、高さとも約1メートル。「船」の刻印があり、直接座ることができる。

 いずれも記念館の3階に展示されている。館内では船村さんの楽曲を歌ってオリジナルDVDを製作(有料)したり、船村さんゆかりの大物歌手の手形に触れたりすることもできる。

 新規展示に合わせ、市内4温泉旅館組合加盟の宿泊施設の利用者を対象に、3月19日まで入館料割引と抽選会を実施している。

 加藤加代子(かとうかよこ)駅長(54)は「ご遺族のご厚意で展示できた。船村先生の息遣いを感じてほしい」と話す。

 開館時間は午前9時~午後5時(最終入館午後4時半)。入館料は一般550円(割引者430円)。火曜定休。(問)同道の駅0288・25・7771。