純白の花満開、ナシの人工授粉 宇都宮の農家【動画】

純白の花満開、ナシの人工授粉 宇都宮の農家【動画】

 県内有数の生産量を誇る宇都宮市内の農家で純白のナシの花が満開となり、JAうつのみや梨専門部長の氷室町、島田典男(しまだのりお)さん(50)方では連日、人工授粉作業に追われている。

 約2・8ヘクタールのナシ園には高さ1・8メートルほどの木々が植えられ、「にっこり」など4品種を栽培。今年は暖かな気候の影響で例年より10日ほど早い4日から順次開花し、12日は、大人の拳ほどの大きさに実るという「豊水(ほうすい)」の授粉作業を行った。

 暖かな陽気となったこの日は、午前9時から家族ら8人で作業を実施した。