下野市と栃木SCがパートナー協定

 【下野】市とサッカーJ2栃木SCは27日、市役所で地域支援パートナーシップ協定を締結した。両者は2016年に同協定を結んでおり、本年度で3年目。

 調印式で広瀬寿雄(ひろせとしお)市長は「プロチームとの連携は地域づくりにもつながる。将来は市出身の選手がプレーしてくれたらうれしい」とあいさつ。栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長は「県民に親しまれるチームとして地域の活性化に協力し、上を目指していきたい」と感謝。広瀬市長に市長の名前入りのユニホームを贈った。