栃木SC、4連勝首位 サッカー・栃木県少年トップリーグ1部

 今年で3年目を迎える少年サッカーの県トップリーグ1、2部が21日、那須烏山市の大桶運動公園で開幕し、22日までに各チームが4試合を行った。1部は栃木SCジュニアが4連勝し単独首位に立った。

 トップリーグは1、2部各8チームの構成で、1部には新人大会のベスト8チームが入る。1回戦総当たりで争われ、各チームとも延べ4日間で7試合を戦い抜く。

 4連勝の栃木SCは攻守が高いレベルで安定し、4試合で20得点2失点と好調を維持。2位には2勝2分けで新人大会の覇者FC VALONが続き優勝へ可能性を残した。

 第3節は28日に那須塩原市の青木サッカー場、最終節は30日に真岡市陸上競技場で行われる。