作新、盤石の36度目V 春季栃木県高校軟式野球

作新、盤石の36度目V 春季栃木県高校軟式野球

 第66回春季県高校軟式野球大会兼関東大会県予選最終日は15日、鹿沼市のキョクトウベリースタジアム野球場(鹿沼運動公園野球場)で決勝を行い、作新が6−1で佐野日大を下し、2年連続36度目の優勝を飾った。

 試合が動いたのは四回。作新は捕逸と8番小林一樹(こばやしかずき)の中前適時打で2点を先制。五回には6番菊池瞬(きくちしゅん)の適時二塁打で2点を追加し、八回には連続暴投でダメ押しの2点を奪った。

 佐野日大は再三、得点圏に走者を進めたが、好機にあと一本が出なかった。五回には8番柿沼景梧(かきぬまけいご)の左前適時打で1点を返したが、反撃もそこまでだった。

 関東大会は25~28日に茨城県で開催され、作新は前橋商(群馬)と、佐野日大は拓大紅陵(千葉)と1回戦で対戦する。