レスリング、6階級で足大付勢が頂点 栃木県高校総体

 県高校総体は11日、足大付高レスリング場でレスリングの個人フリースタイルを行った。

 8階級中6階級を足大付勢が制覇。51キロ級は島谷真和、65キロ級の大関寛穂は1年生で栄冠を手にした。92キロ級は高森勇斗(馬頭)、125キロ級は今春の全国高校選抜大会に出場した鷲頭海成(足工)が制した。