ベリーちゃんハウスでイチゴ狩りを楽しむグループ

 【鹿沼】茂呂の市花木センターにある観光イチゴ園「ベリーちゃんハウス」で直売に加え、一般向けのイチゴ狩りが始まった。

 オープン4年目となる今季はビニールハウスを2棟増やして7棟にし、「とちおとめ」と「とちひめ」を栽培。イチゴ狩りは4日から始まり2日間で50人が来場。6日は15人が足を運んだ。

 茨城県から北女性4人グループは、午前10時の開園と同時に「30分食べ放題」に挑戦。日立市の会社員堀越菜月(ほりこしなつき)さん(23)は「会社の同期とイチゴをたくさん食べたくてネットで予約しました。甘くておいしい。幸せです」と満面に笑み。

 同センターの駒場勝(こまばまさる)常務理事(63)は「生育はやや遅れているが、甘さ十分、味がのっている」と話し、今季は3千人の来場を見込んでいる。

 午前10時~午後3時(木曜定休)。来園予定の3日前まで電話、インターネットでの予約が必要。入園料(30分)は大人1600円からで月ごとに減額変動する。パック詰めの販売も行っている。(問)同園0289・76・1000。