作新勢が全種目を制する 川上3冠、中村は2冠 自転車・栃木県高校総体

作新勢が全種目を制する 川上3冠、中村は2冠 自転車・栃木県高校総体

 県高校総体は6日、宇都宮競輪場ほかで自転車競技、サッカー、バスケットボールを行った。

 自転車競技は個人7種目と団体2種目を行い、川上隆義(かわかみりゅうぎ)(作新)がスプリント、1キロタイムトライアル、ケイリンで3冠を達成。中村隆生(なかむらりゅうき)(同)も2種目で優勝するなど、作新勢が個人団体の全種目を制する圧倒的な強さを見せつけた。

 サッカー男子は準々決勝4試合を行い、宇短大付、小山西、佐野日大、宇都宮が4強入り。バスケットボール男子は予選トーナメント3回戦を行い、前回王者の文星付のほか、宇工、大田原などが8強入りを決めた。女子は白鴎足利、文星女などが8強入りした。