柔道団体女子は国学栃木が5連覇 男子は白鴎足利4年連続V 栃木県高校総体

柔道団体女子は国学栃木が5連覇 男子は白鴎足利4年連続V 栃木県高校総体

 県高校総体は5日までに、県武道館ほかで柔道や卓球、女子サッカーなどを行った。

 柔道団体は男子の白鴎足利が4年連続17回目、女子の国学栃木は5年連続7回目の優勝。両校とも1人も試合に敗れることなく頂点に立った。

 卓球シングルスは男子を上田士温(うえだしおん)(文星付)、女子を関口綾乃(せきぐちあやの)(青藍泰斗)が制覇。ダブルスは男子で臼井健次郎(うすいけんじろう)・石井響(いしいひびき)組(作新)、女子で関口綾乃・西村真凜(にしむらまりん)組(青藍泰斗)が栄冠に輝いた。

 女子サッカーは決勝トーナメント1回戦までを行い、白鴎足利がPK戦の末に佐野東を下して4強入りした。