剣道で作新が40年ぶり女王 男子は佐野日大V5 栃木県高校総体

 県高校総体は25日、宇都宮市体育館で剣道の男女団体を行い、女子の作新が40年ぶりに優勝した。男子は佐野日大が5連覇を達成した。

 女子の作新は決勝で前回女王の矢板中央と対戦。先手を許したものの、大将の茂呂沢麻由(もろさわまゆ)が勝って1−1に追い付いた。茂呂沢は続く代表戦でも小手を決め、熱戦に終止符を打った。

 男子は佐野日大が圧倒的な強さを発揮した。初戦から相手に1本も与えずに準決勝を突破すると、決勝でも文星付に全く隙を見せず、4−0で頂点に立った。