白鴎大が白星発進 作新大に8−3 関甲新学生野球

白鴎大が白星発進 作新大に8−3 関甲新学生野球

 関甲新学生野球春季1部リーグ第2節は14日、小山市の白鴎大野球場で1回戦2試合を行い、今季初戦の白鴎大が8−3で作新大を下し、白星スタートを飾った。

 白鴎大は四回、1死一塁で主砲・大下誠一郎(おおしたせいいちろう)(白鴎足利)が左越え本塁打を放ち2点を先制。5−1で迎えた八回は小川真希(おがわまき)(同)の右前適時打で2点、続く友岡翔(ともおかしょう)(福岡・自由ケ丘)の適時二塁打でさらに1点を追加した。

 作新大は2点を追う五回に細野誠太(ほそのせいた)(群・伊勢崎商)の犠飛で1点を返した。九回にも照井拓弥(てるいたくみ)(宇南)の適時二塁打で2点を返したが、反撃もそれまでだった。

 白鴎大−作新大2回戦は15日午後0時半から、同球場で行われる。