地元企業の商品や魅力をPR 那須塩原で市商工産業祭

 【那須塩原】市内企業の商品や魅力をPRする「市商工産業祭」が13日、末広町の特設会場で開かれた。市商工会加盟の22企業と関係17団体が商品や地元グルメなどを扱ったブースを出店し、大勢の家族連れなどでにぎわった。

 地域経済や商工会の活性化を目的に、「攻める商人(あきんど)!繋(つな)がる商人(あきんど)!」をテーマに毎年実施している。

 4回目を迎えた今回は、新たに企業がステージ上で商品などをPRする機会を設けた。各企業は実際の商品を使った説明やデモンストレーション、クイズ形式など、趣向を凝らして来場者にアピールした。