児童らに語り掛ける宍戸さん

 【大田原】東南アジアの子どもたちの教育環境改善に取り組む福島市のNPO法人「シーエスアールスクエア」理事長の宍戸仙助(ししどせんすけ)さん(67)がこのほど、黒羽小で講演した。「東南アジアの子どもたちの瞳の輝きに学ぶ」と題し、現地の子どもたちの過酷な生活環境を紹介しながら、日本の子どもたちや大人に伝えたいことを熱く語った。

 宍戸さんは福島県内で小学校校長を務め、退職後に同法人を設立。ベトナム、ラオス、タイなどの山岳地帯の子どもの支援・交流活動を続けている。講演会は、同校PTAと3~6年の児童、住民ら約200人が聴講した。