雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん

雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん

雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん

雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん

雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん 雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん 雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん 雪が降る中、風呂で温まるコゴミちゃん

 【那須】全国五つの動物園が競う「第8回カピバラの長風呂対決」が4日、各園で行われ、那須どうぶつ王国の「コゴミちゃん」が3時間2分55秒と驚異の入浴時間で堂々の1位に輝いた。同園の優勝は昨年に続き4度目となった。

 対決は同園と静岡、長崎、埼玉、石川の動物園で実施。各園から代表が1頭エントリーし、湯に漬かってから出るまでのタイムを競った。

 コゴミちゃんは体長約1メートルで4歳の雌。食いしん坊な性格とみられ、飼育員が持つ竹のおやつを追いかけて入湯。雪が降る中、湯に潜ったり、竹を食べたりして来場者を和ませた。

 2位は長崎バイオパークで、58分4秒だった。同園飼育員の桜井大城(さくらいだいき)さん(24)は「寒い那須で、日頃から温泉に入っていたのが勝因かもしれません」と分析。優勝したコゴミちゃんには後日、賞状とトロフィーが贈られる。