感謝状を受け取った(右から)近岡さん、宇賀神さん、中山さん、金沢さん

 【宇都宮】けがをしていた高齢者を保護したとして宇都宮中央署はこのほど、宇都宮高と宮の原中の生徒計4人に感謝状を贈った。

 感謝状を受け取ったのは宇都宮高2年金沢徳之(かなざわよしゆき)さん(17)と同校1年中山郁(なかやまかおる)さん(16)、宮の原中2年宇賀神空輝(うがじんそら)さん(14)と同校2年近岡俊樹(ちかおかとしき)さん(14)。

 同署などによると、昨年10月29日夕方、鶴田町の市道で、けがをして倒れていた男性(85)を近所の70代女性が発見。それぞれ下校中だった4人は、女性が助けを呼ぶ声に気付くなどして男性の保護に加わった。男性の家を探したり、警察官や救急隊を誘導したりした。

 4人は「たまたま通り掛かっただけ。無事に保護できて良かった」などと話した。岡広志(おかひろし)署長は「自発的に行動していて素晴らしい」とたたえた。