3位でたすきをつなぐヤクルト4区の高久(左)。右はホンダの設楽悠=太田中継所

8位でゴールに飛び込むコニカミノルタのアンカー宇賀地=群馬県庁

3位でたすきをつなぐヤクルト4区の高久(左)。右はホンダの設楽悠=太田中継所 8位でゴールに飛び込むコニカミノルタのアンカー宇賀地=群馬県庁

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに37チームが参加して行われ、旭化成が4時間46分7秒の大会新記録で快勝して連覇を4に伸ばした。歴代最多の優勝回数は25度となった。2分29秒差の2位にトヨタ自動車が続き、3位にホンダが入った。

 2区で首位に浮上した旭化成は4区で2位に後退したが、5区の村山謙太(むらやまけんた)が区間賞を獲得して差を詰め、6区で20歳の小野知大(おのちひろ)が区間新記録の快走でトップを奪回。7区の鎧坂哲哉(よろいざか・てつや)も区間1位の走りだった。東京五輪マラソン代表に決まっているトヨタ自動車の服部勇馬(はっとりゆうま)は5区で区間3位だった。JR東日本が4位。初出場のGMOは5位と健闘した。東日本大会を制したコニカミノルタは8位。昨年2位のMHPSは4区で井上大仁(いのうえひろと)が区間新をマークしたが、序盤の出遅れが響いて17位に終わった。

 県勢はエース区間の4区を走ったヤクルトの高久龍(たかくりゅう)(那須拓陽高-東洋大)が区間12位と健闘。JR東日本の黒川翔矢(くろかわしょうや)(作新高-駒大)が5区4位、コニカミノルタの宇賀地強(うがちつよし)(作新高-駒大)が7区5位と区間上位に入った。日立物流の栃木渡(とちぎわたる)(佐野日大高-順大)は6区20位、SUBARUの梶谷瑠哉(かじたにりゅうや)(白鴎足利高-青学大)は1区26位だった。