エスクデロ競飛王

 サッカーJ2の栃木SCは2日までに、J2京都からFWエスクデロ競飛王(セルヒオ)(31)=171センチ、75キロ=を完全移籍で獲得し、FW榊翔太(さかきしょうた)(26)、DF菅和範(かんかずのり)(34)と契約更新したと発表した。また、J1鹿島のFW有馬幸太郎(ありまこうたろう)(19)=181センチ、71キロ=を育成型期限付き移籍で獲得することが、関係者への取材で分かった。

 スペイン出身のエスクデロはJ1浦和、FCソウル(韓国)などを経て2016年から京都に移籍し、強じんなフィジカルと巧みなドリブル、パスを武器に前線のチャンスメーカーとして活躍。クラブを通じ「栃木SCの最高順位である9位を大きく更新するために来た。僕とともにJ1を目指しましょう」とコメントした。茨城県出身の有馬は今季、鹿島の下部組織からトップチームに昇格。デビュー戦となった天皇杯3回戦の栃木SC戦でプロ初ゴールを決めた。