後半22分、国学栃木のWTB青柳(左から2人目)が同点のトライを決める=東大阪市の花園ラグビー場

試合後、涙を流して東福岡の選手と握手を交わす国学栃木フィフティーン=東大阪市の花園ラグビー場

後半10分、国学栃木のSO伊藤(中央)が相手を交わしてトライを目指す=東大阪市の花園ラグビー場

後半22分、国学栃木のWTB青柳(左から2人目)が同点のトライを決める=東大阪市の花園ラグビー場 試合後、涙を流して東福岡の選手と握手を交わす国学栃木フィフティーン=東大阪市の花園ラグビー場 後半10分、国学栃木のSO伊藤(中央)が相手を交わしてトライを目指す=東大阪市の花園ラグビー場

 第99回全国高校ラグビー大会第4日は1日、東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合を行った。本県の国学栃木は12-17で同じBシードの東福岡(福岡)に惜敗し、8大会ぶりの8強入りを逃した。

 国学栃木は5点を追う前半15分、左ラインアウトからモールに持ち込み、FW陣の連続攻撃からナンバー8の吉田爽真(よしだそうま)が抜け出して同点トライを決め、FB山田翔平(やまだしょうへい)のゴールキックで勝ち越した。再び5点を追う後半22分には、WTB青柳龍之介(あおやぎりゅうのすけ)が右隅に同点トライ。しかし同28分に勝ち越しトライを許し、そのまま逃げ切られた。

 このほか2連覇を狙う大阪桐蔭(大阪第1)が日本航空石川とのBシード同士の対決を15-3で制し、準々決勝に進んだ。Aシード勢はいずれも勝ち、前回大会準優勝で選抜大会を制した桐蔭学園(神奈川)が県浦和(埼玉)に78-5で快勝。京都成章と御所実(奈良)も8強入りした。 抽選の結果、3日の準々決勝は、流通経大柏-東福岡、御所実-東海大大阪仰星、大阪桐蔭-桐蔭学園、京都成章-常翔学園の組み合わせに決まった。