こだわりの野菜召し上がれ 大田原・湯津上で「村民食堂」オープン

 【大田原】市が所有し、休業中だった湯津上のレストランが28日、「湯津上村民食堂」として2年ぶりに営業を再開した。牧場風景を眺めながら、地元産野菜をふんだんに使ったメニューを大勢の客が堪能した。

 食堂は狭原(せばはら)の農業生産法人「那須野ケ原ファーム」が運営する。好天に恵まれたこの日は、午前11時のオープン直後から次々と客が訪れ、昼ごろには満席となった。

 津久井富雄(つくいとみお)市長も来店して「こだわり野菜カレー」を味わい、「おいしくてヘルシー。地域の交流拠点として発展してほしい」と期待した。