「恋人の聖地」記念しハートのモニュメント設置 野木

 【野木】野木の国指定重要文化財「野木町煉瓦(れんが)窯」と渡良瀬遊水地の谷中湖が「恋人の聖地」に認定されたことを記念して設置されたモニュメントの除幕式が28日、煉瓦窯敷地内で行われ、真瀬宏子(ませひろこ)町長らが完成を祝った。

 モニュメントは小山北桜高3年嶋田凪紗(しまだなぎさ)さんのデザイン案を基に作成。野木ホフマン館入口前に設置し、れんが造りの台座に高さ1メートル52センチ、横2メートル、幅20センチのハートが乗っている。ハートからは煉瓦窯が見えるようになっており、フォトフレームとしても活用できる。