後半15分、勝ち越しゴールを決めて喜びを爆発させる矢板中央の左合(9)=ゼットエーオリプリスタジアム

 第98回全国高校サッカー選手権大会第3日は2日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムほかで2回戦を行い、本県代表の矢板中央は2-1で大手前高松(香川)を下した。

 矢板中央は序盤から押し気味に試合を進め、32分にMF靏見拳士朗のミドルシュートで先制。39分に同点に追い付かれたが、後半15分にペナルティーエリア内でボールを収めたMF左合修土がゴール右隅へ勝ち越し弾を決め、堅い守備でリードを守り切った。

 矢板中央は3日午後2時10分から、千葉市のフクダ電子アリーナで行われる3回戦で石川県代表の鵬学園(3年ぶり2度目)と戦う。