栃木SCが市貝町とパートナーシップ協定 県内11市町目

 【市貝】町とサッカーJ2栃木SCは本年度の地域支援パートナーシップ協定を結び、24日、町役場で調印式を行った。ホームゲームで町名を記した横断幕を掲げるほか、9月1日開催のホームゲーム1試合を「市貝町民デー」としてPRすることなどを取り決めている。

 期間は1年間で契約金は100万円。契約にはほかに、小中学生対象のサッカー教室や指導者・保護者向けの講習会の開催、町の広報活動に栃木SCの名前やロゴや写真を使えることなどを盛り込んでいる。

 栃木SCは県内の自治体と同様の契約をすでに10市町と結んでおり、町は11件目。