下野杯バレーで熱戦 宇都宮

 【宇都宮】市内のママさんバレー28チームが競う第42回下野杯ブロックリーグ戦市家庭婦人バレーボール大会(市家庭婦人バレーボール連盟、下野新聞社主催)が21日、市体育館で開かれ、幅広い年齢層の選手たちが汗を流した。

 開会式では同連盟の鈴木陽子(すずきようこ)会長が「体調管理しながら、けがなく1日楽しんで下さい」とあいさつ、続いて上河内クラブの坪井幹枝(つぼいみきえ)さん(54)が「共に戦う仲間を大事に、家族に感謝しながらプレーします」と宣誓した。5ブロックに分かれてリーグ戦を行い、リーグ上位による決勝戦で各ブロックの優勝を決めた。