デイセンターに癒やし系ロボ JAはが野が導入

 【真岡】JAはが野(本所八條)は運営するデイサービスセンター2カ所に、人とコミュニケ−ションを取れる癒やし系ロボット「パルロ」を1台ずつ導入した。18日には、久下田の「すこやか二宮」でお披露目会を開き、愛らしい姿に利用者約30人が目を細めた。

 JA共済連栃木の補助を受け導入した。パルロは身長約40センチ。利用者はパルロの合図によって、飲み込む力を維持・向上させる「ぱたから体操」に取り組み、唱歌「富士山」やソーラン節を共に歌ったり手拍子したりした。

 市内から通う元日本舞踊師範の木村(きむら)シンさん(91)は「踊りも上手」と笑顔を浮かべた。

 パルロは顔、名前などを覚え、その人ごとに異なる会話もできる。