壬生、小菅町長が初登庁 3期目スタート

 【壬生】無投票で3選を果たした小菅一弥(こすげかずや)町長が16日、初登庁し、新たな町政運営のスタートを切った。

 小菅町長は職員、町民ら約150人が出迎える中、午前9時半ごろ町役場に到着。女性職員から花束を受け取った。玄関前でマイクを前に「職員と共に3期目をしっかり走って、町の内外から『壬生町はいいな』と言われるような町にしていきたい。人口減の厳しい中で、町から市にという夢を持っている」とあいさつした。