さのまる像をお披露目 天明鋳物製、DCの一環 佐野

 【佐野】天明鋳物製の佐野ブランドキャラクター「さのまる」像が完成し14日、佐野駅前でお披露目式が行われた。大型観光企画「本物の出会い栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」の一環で、佐野の新しいシンボルとして設置された。

 さのまる像は、高さ約60センチで、台座を含めると約160センチ。土台はどの位置からでも像がよく見えるよう八面体にした。亀井町の栗崎鋳工所(栗崎二夫(くりさきつぎお)代表)が手掛けた。

 お披露目式には、岡部正英(おかべまさひで)市長、矢島堅司(やじまけんじ)佐野商議所会頭ら関係者と、地元選出県議、市議、JRなどの来賓ら21人が出席。岡部市長は「市ではDCを誘客の絶好の機会と捉え、おもてなしの心を持って取り組んでいます。さのまる像は新しい市のシンボルとして、市民はもとより観光客にも末永く親しんでほしい」などとあいさつ。関係者らで除幕を行い、完成を祝った。