水しぶきを上げて入水 湯西川ダムの水陸両用バス

 【日光】湯西川地区に春の到来を告げる水陸両用バスの運行が13日、始まった。午前10時半すぎに道の駅「湯西川」を出発した第1便は、朝方にはみぞれが降った寒さの中、湯西川ダム湖に豪快に水しぶきを上げた。

 JRグループの大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、昨年のプレDCと同様、開始日を早めた。1日4便(8月4日~同19日は5便)で、湯西川ダムの見学もできる。発着場は道の駅「湯西川」と観光センター「水の郷」の2カ所。12月2日まで運行する。

 (問)湯西川ダックツアー0288・78・0345。