LRTの車両デザインに3案 アンケートで決定へ 宇都宮市など

LRTの車両デザインに3案 アンケートで決定へ 宇都宮市など

 宇都宮市は10日の市議会議員説明会で、導入を進める次世代型路面電車(LRT)の外観デザイン案、3案を明らかにした。いずれも雷や豊かに実る稲田などをイメージさせる黄色をメインカラーに、流線形にこだわった。整備主体となる市と芳賀町は今後アンケートを実施し、7月には決定、車両設計に反映させる。

 LRTデザインの検討に当たり市は、施設も含め統一感のある「トータルデザイン」の手法を採用。「雷都を未来へ」をコンセプトに検討を進めてきた。

 市の説明によると、A案は流れるような前頭形状と、L字型の特徴的な色使いがポイント。B案は多角形状にそぎ落としたコンパクトな前頭形状とスピード感ある色使い、C案はシンプルな前頭形状と水平基調の色使いが特徴という。