大掛かりな工事に驚嘆 地元の自治会長、総合スポーツゾーン見学 宇都宮

 県は10日、宇都宮市西川田地区で整備を進める県総合スポーツゾーンの工事現場で地元自治会長を対象とした見学会を開いた。6月ごろから、一般向けの見学会も定期的に開催する。

 この日は周辺の自治会長約30人が参加し、スポーツゾーンの顔となる新スタジアムと新武道館の建築現場を見学。新スタジアムは観客席などスタンド部分の工事が行われており、参加者らは新スタジアムのフィールドに入って、担当者から国内に数台しかない大型クレーンなどの資機材や工事状況の説明を受けた。